心と体の健康の為に、深く、ゆったりとした呼吸を手に入れましょう。
短い時間でも取り組めます。
今日から始めましょう。

呼吸筋ストレッチ

呼吸に必要な筋肉をリラックスさせるストレッチ。
座りながら出来ます。
各ストレッチ1日3回を目安に取り組んでみましょう。

肩のストレッチ

硬くなりがちな肩をやさしく動かしてほぐしていきます。
呼吸に合わせて行きましょう。
db2-7

首のストレッチ

頭の重さを支えている首の筋肉をほぐします。
無理に伸ばさない様に注意しましょう。
db2-8

胸・背中のストレッチ

鎖骨の少し下あたり、胸の高い所を意識しながら背中を丸めて行きましょう。
db2-9

下部胸壁のストレッチ

息を吐く時に使う胸の下部を中心にほぐします。
体のバランスを取りながら全身を伸ばしましょう。
db2-10

胸のストレッチ

肩甲骨を意識しながら、胸部を大きく動かしましょう。
胸、肩が動きにくい人は特に丁寧に行いましょう。
db2-11

呼吸筋をリラックス3つのポイント

呼吸筋ストレッチを効果的に行う為の3つのポイントをご紹介します。

呼吸に合わせてメリハリを意識する

広げる、伸ばす、縮めるといったひとつひとつの動きにメリハリをつけ、ストレッチしている部位を意識しましょう。
息は鼻から吸って、口から吐きます。
db2-1

気持ちよさを感じながら

回数や時間はあくまでも目安にして気楽に出来るものから取り組んでみましょう。
気持ちよさを感じられるレベルで動かすことが重要です。
db2-2

毎日の習慣にしよう

1日1分でも5分でも、毎日続けることが大切です。
特別な場所や器具を必要としないので、日々の暮らしに取り入れて習慣にするとよいでしょう。
db2-3

深い呼吸のコツを身につけよう「ゆったり呼吸法」

深い呼吸をするには、ちょっとしたコツがあり、少し意識するだけでも、効果が期待できます。

「息を吐く」を意識しよう

ゆったり長く「息を吐くこと」を意識しましょう。
そうすると吐いた分だけ自然と吸い込もうとする為、「吸おう吸おう」と頑張るよりもリラックスした自然な呼吸になります。
db2-4

良い姿勢を維持しよう

肺や胸郭をしっかり拡張、収縮させる為に、日頃から姿勢を意識しましょう。
鏡の前に横向きに立ち、耳、肩、腰、くるぶしが一直線になっているか確認しましょう。初めから常によい姿勢をキープするのは難しいので、気づいた時に姿勢を正すクセをつけましょう。
db2-5

深い呼吸の感覚を覚えよう

深くてゆったりとした呼吸の感覚を覚える方法をご紹介します。
この姿勢は、つっぱりがちな背中の筋肉を緩め、また横隔膜の働きをサポートして、楽に呼吸が出来ることを体に覚えさせる効果が期待できます。
db2-6

出典 ヘルシーライフスタイル|class A