入浴は身体によいということは広く知られていますが、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。入浴による効果について解説していきます。

入浴の3大効果

入浴には、3つの物理作用(温熱・水圧・浮力)があり、身体に良い効果をもたらします。この3つの作用を上手に利用することで、効果的な入浴ができます。

1.温熱効果

温まる・疲れが取れる・リラックス・ストレス解消・やる気を出す

温熱効果とは

一般に知られている効果は、「温かいお湯につかることで、体が温まって血行が良くなる・新陳代謝が高まる・体内の老廃物や疲労物質を排出し、疲れがとれる」という事です。
しかし、お湯のもたらす効果はそれだけでなく、その温度によって、自律神経をコントロールする事ができるのです。ぬるま湯につかると副交感神経が刺激され、熱めのお湯につかると交感神経が刺激されます。ほんの2~3℃の差で体に与える影響が異なるので、初めは温度計を用意しておくと完璧です。体感的には、人肌より少し温かいくらいが微温、肌がピリピリするくらいだと高温だと覚えておくと良いでしょう。

高温浴(42℃以上)

42℃は高温です。疲労回復効果などがあり、身体がすっきりします。一般的に入浴して一番気持ちの良いとされる温度です。熱いお湯は交感神経が刺激されたり、汗をかきやすくなって新陳代謝がよくなります。結果的に、老廃物などが排出され、身体の疲労回復につながります。
ただし、42℃は少し熱いので無理をせず短時間にしましょう。少し長めに入浴したい場合は半身浴で。シャキッとしたいときも42℃のシャワーが効果的。

温浴(39~41℃)

39~41℃は心臓に負担がかからない温度なので、湯船にゆっくり入っていられます。
また39~41℃は血行促進になるので肩こりに効果的です。特に首や肩にはいい温度。首に頭の負担がかからないように浴槽のふちに顎を乗せてみたりしてリラックスしたり、腕を回して肩のチカラを抜いたり、肩こり解消に効果的な温度です。むくみや冷え性などを改善したい時もこの温度。

微温浴(37~39℃)

熱い温度とは対称的にこちらは副交感神経が働くので、リラックスできます。眠りの質を高めるのもこの温度。身体をのんびりさせたいときにいい温度です。交感神経を鎮めるので、ストレスがたまったり仕事で疲れてしまったときにはこの温度でゆっくり入浴しましょう。

2.水圧効果

血行がよくなる

湯船につかると、水圧が全身にかかります。お風呂の中では、二の腕やウエストが細くなったように見えますが、実際に測ってみると、ウエストは3~6cm細くなっています。それだけ水圧がかかっているという事です。この水圧によって、足元に溜まった血液が押し上げられるので、血液の循環が促進されます
さらに、湯船につかると「ふぅ~」と思わず息がもれますが、これは腹部に受ける水圧によるもので、横隔膜が押し上げられ肺の容量が少なくなり、体内の空気量が減るという事なのです。それを補うために、呼吸の回数が増え、心臓が活発に動くようになります。
水圧効果というのは、筋肉をほぐしたり血液やリンパの流れをよくしたりするマッサージ効果でもあるのです。ただお湯につかるだけでマッサージ効果を得られるのです。
注意することは、これだけの水圧が心臓にもかかるという事。負担をかけたくない人は、みぞおちより下までつかる半身浴にしましょう。半身浴でも水圧効果は十分得られます。

3.浮力効果

リラックスする

水の中では、体が軽くなり、体重は約1/9になっています。体が軽くなるので、自分の体重にかかる重力から解放されます。すると普段体重を支えている関節や筋肉への負担が軽減され、緊張がほぐれてリラックスします。腕や脚をフワーっと浮かせてみると、浮力がどのくらい効いているかわかると思います。無重力とまではいきませんが、重力をこれだけ感じない事は陸の生活ではまずありません。体の疲れも心の疲れも軽くなることをイメージしながら入ると、さらに効果的でしょう。

以上3つの物理作用について簡単に説明しましたが、これらの効果は、シャワーだけではなかなか得られません。”湯船につかる”ことで、お風呂のメリットを体に感じさせることができるのです。お風呂嫌いな人こそ、シャワーだけで済ませるのではなく湯船にゆっくりつかり、そのメリットを体感しましょう。
また、この効果は、温度・入浴時間・お湯の量によって身体に及ぼす影響が変化します。ただ入浴するのではなく、自分の目的にあった効果的な入浴を行うことで、体調や精神を上手にコントロールしましょう。

出典 Zuboland