腰痛は今や肩こりと並んで国民病となってしまいまいた。

仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしの人、重いものを持ち運ぶような仕事をしている人、車に長時間乗る仕事をしている人は、特に、腰痛に悩んでいるのではないでしょうか。

しかも、腰痛は一度なると、なかなか治らないとも言われます。

今回は、そんな腰痛を和らげたり、防ぐための体操をご紹介します。

「マッケンジー体操」は、ニュージーランドの理学療法士のロビン・マッケンジー氏により考案された体操です。

このマッケンジー体操は、「腰を反らす」という簡単な体操を行うだけで、特に椎間板ヘルニアを含む椎間板損傷による腰痛や姿勢不良、関節機能不全による慢性腰痛に効果を上げている運動療法です。

改善率は90%以上とも言われています。

急性、慢性ともにすぐに効果があり、無理なく出来るのが特徴です。

以前は「腰を反らすのは腰痛を悪化させる」と言われていた時もありましたが、いまはむしろ腰を反らすことが推奨されています。

マッケンジー体操は、日本では余り知られていない療法でしたが、北米やヨーロッパ、アジア、オーストラリアやニュージーランドなどではスタンダードな治療法になっており、現在では日本でも広く行なわれるようになっています。

マッケンジー体操

『背中反らし』を朝と晩に、毎日行います。
『腰曲げ』は、週に1~2回行います。

背中反らし

① うつ伏せになり、両手を両肩の真下に置く。
② 両ひじを伸ばして上半身を起こし腰を大きく反らせる。(2~3秒姿勢を維持)
③ ①と②を10回繰り返す。

腰曲げ

① あおむけに寝て、両膝を曲げる。
② 両手で両膝を抱え込み両膝が胸に近づくように引き寄せる。(2~3秒姿勢を維持)
③ ①と②を10回繰り返す。

注)足腰の痛みやしびれが軽くなったり、腰の動く範囲が増えたら、続けて行う。足腰の痛みやしびれが増したり、腰の動く範囲が少なくなったら、すぐに体操を中止して下さい。

吉祥寺でマッサージ・整体なら【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753