仕事中についつい肩に力が入ったり、前屈みになったりしていませんか?
体に負担が少なく簡単に出来るストレッチで、凝ってしまいやすい肩を動かしましょう。ストレッチをする時は無理をせずに、呼吸をしながら行いましょう。

肩甲骨寄せ・腕上げストレッチ

  (15秒×2回)
前屈みの姿勢は肩周りの筋肉が緊張して肩こりの原因になります。大きく胸を張って、肩甲骨の動きを意識しながら行いましょう。

足を肩幅に開き、背筋を伸ばして両手を後ろに引きジワジワと引き上げます。

肩の回旋ストレッチ

  (30秒×2回)
肩の動きをスムーズにします。腕を上げる時に肩が痛むという方には特にお勧めです。軽いダンベルなどを持って行うと、ストレッチ効果がアップします。

①仰向けに寝て、両膝を立てます。肘は床に着け、90度に曲げて、指先は天井に向けます。そこから肘を床に着けたまま頭の方に倒して手の甲を床に着けて15秒静止します。

①仰向けに寝て、両膝を立てます。肘は床に着け、90度に曲げて、指先は天井に向けます。そこから肘を床に着けたまま頭の方に倒して手の甲を床に着けて15秒静止します。

②今度は①の最初の状態から、肘は床に着けたまま手を前に倒し、手の平を床に着けて15秒静止。

②今度は①の最初の状態から、肘は床に着けたまま手を前に倒し、手の平を床に着けて15秒静止。

出典 ヘルシーライフスタイル|class A