全身の不調を足から改善
私達が立ち、歩く際に体の土台となって支えているのは、足です。
その土台が歪んでいたりして上手に使えていないと、体が無理にバランスを取ろうとして筋肉や骨に負担をかけ、全身のゆがみや関節などの痛みにつながります。
もし体の不調の原因が足にあるなら、足を理想的な状態や使い方にすることで、ヒザなどの痛みが軽くなったり、血の巡りが促進されて冷え性やむくみの改善も期待できます。
健康な毎日の為に足の先から体を見直しましょう。

gr1

注意したい足の状態

普段の習慣やクセの積み重ねによって、足は歪んだり、変形したりしてしまいます。自分の足と下図の足の形と見比べてみましょう。(理想的な足の状態は、指がまっすぐ伸びていて、指の間が適度なすき間がある。)

gr1-1

【外反母趾・内反小趾】
足指のつけ根が曲がっている。特に女性に多い。

gr1-2

【屈み指(ハンマー指)】
指が折れ曲がっている。人差し指から薬指に多い。

gr1-3

【浮き指】
指が浮いていて、地面についていない。

gr1-4

【扁平足】
土踏まずがなく、足裏全体が平らになっている。

gr1-5

【寝指】
指が寝ていて、爪が上を向いていない。

gr1-6

【開帳足】
甲が横に広がり、ぺったりと平らになっている。

足を見直すセルフチェック

体や足の状態を確認する3つのセルフチェックです。状態を確認した上で、下記に記載した対策に取り組みましょう。

① 靴で体の傾きチェック

足腰や肩、背中に痛みはありませんか?
それらの部位の痛みはO脚やX脚が原因で体が不自然に傾いているからかもしれません。
特に踵の傾きは、体のトラブルの原因のなります。
傾きがひどい場合は「足指を広げて伸ばすストレッチ」を入念に行いましょう。
gr1-7

② 足踏みで体の歪みチェック

簡単にできる体のゆがみチェックです。
体が歪んでいると前後に動いてしまったり、左右どちらかに動いてしまいます。
① スタート位置にガムテープなど目印を貼る。
② 目を閉じて30秒ほどその場で足踏みをする。
③ 目を開けて元の位置から大きく離れていたら要注意。
※ 転倒の恐れがある人はやらないで下さい。
gr1-8

③ グーパーでバランス力チェック

足指の力だけで、指を曲げた「グー」、広げた「パー」にできますか?
できない人は、足指を上手に使えていないかもしれません。
毎日1分ほど練習してみましょう。
gr1-9

出典 ヘルシーライフスタイル|class A