【原因と対策】 足に悪い5つの習慣

足の歪みや足をしっかり使えないのにはワケがあります。普段の習慣を見直してみましょう。

① サイズの合わない靴や柔らかい靴

自分の足のサイズよりも大きな靴やふにゃふにゃした柔らかい靴を履いていませんか? こうした靴は歩くときに靴の中で足が前に滑ったり、踵がパカパカしたりして安定しません。 その結果、足指に力が入って、屈み指や寝指などの足の変形につながります。
gr2-1

gr2-ts

足を変形させにくい靴選び5つのポイント
gr2-2

① 踵を固定できるひも靴
靴がパカパカして不安定だと、足指に負荷がかかります。マジックテープで固定するタイプなら折り返して固定できるものを。

gr2-3

② 安定性が高い平ひも
平ひもは丸ひもに比べて面全体で締め付けるので、安定性が高くなります。素材は化学繊維よりもずれにくい純綿がおすすめ。

gr2-4

③ 踵がしっかりしている靴を
靴の踵がふにゃふにゃしていると、靴の中で踵が安定しません。踵部分の芯が固く高い靴を選びましょう。

gr2-5

④ 捻れにくさも重要
足指で踏ん張れない人が柔らかい靴を履くと、足が曲がって体が曲がって歪みやすくなります。芯がしっかりした靴が◎。

gr2-6

⑤ 足指を適度に動かせる余裕がある
つま先に余裕がなく、足指を動かせないと、足裏の筋肉を低下させることも。窮屈すぎる靴も足には悪影響です。

② 靴を履く時の「つま先トントン」

つま先で地面をトントン叩いたり、踵を踏んで強引に靴を履いていませんか? 無理に履いて靴の踵の芯が崩れると、靴が変形して安定感が落ち、足指の変形につながることも。足の為に、靴を変形させないことも重要です。
gr21-1

gr2-ts

正しい靴の履き方を覚えよう

靴本来の力をしっかりと発揮させる為には、履き方がポイントになります。 ひも靴を例に、正しい靴の履き方をご紹介します。

gr21-2

① 立った状態で靴べらを使って、ひもを緩めた靴に足を入れます。

gr21-3

② 踵を靴に密着させます。踵で地面を軽くトントンと叩くと簡単です。

gr21-4

③ つま先に近いほうからひもを締めていき、一番上でしっかりと結びます。

③ 傾いた重心での「立ち」「歩き」

立ったり、歩いたりする時に片足に重心をかけていたり、つま先が外向きや内向きになったりしていませんか? 急に直せなくても、気づいた時に意識して、姿勢や足の向きをまっすぐに正しましょう。
gr22-1

gr2-ts

歪みの原因となる癖を減らそう

荷物を常に片側の肩にかけたり、座る時に足を組んだりする癖も歪みの原因に。左右均等になる様に荷物を持ち替えたり、足を組まない様に意識して、日常生活の中で癖を直しましょう。
gr22-2

足指には小股歩きが◎

足指や足裏、足首をきちんと使って歩くには、歩幅を狭くした小股歩きがお勧め。着物を着て歩く様なイメージです。歩幅の目安は後ろ向きに歩く時と同じくらい。ひざ下を使い、足指を意識して地面を蹴ります。
gr22-3

④ 家の中でのスリッパ

フローリングの住宅も増え、室内でスリッパを履いている方も多いでしょう。 しかし、固定のないスリッパは、中で足が安定せず、足指に力が入ったりして変形の一因になることも。 屋外で履くサンダルなども注意が必要です。
gr23-1

gr2-ts

1日数時間は裸足で過ごそう

望ましいのは室内では裸足で過ごすこと。裸足だと寒いという方は、「足の健康ストレッチ」で血行を促したり、ラグやマット、足先が出るレッグウォーマーなどを上手に活用しましょう。
gr23-2

足指いきいき「5本指靴下」

足指が1本1本独立した5本指靴下は、指をそれぞれ自由に動かしやすく、足指が広がるほか、水虫などの予防にも効果的です。足に汗をかきやすい人にお勧めです。
gr23-3

⑤ 足指の爪の切り過ぎ

足を上から見た時に、指の先端が見えていますか? それとも爪で隠れていますか? 特に親指に注目しましょう。 指の先端が見えていたら「深爪」です。 爪が短いと指に力を入れることができず、浮き指の原因になるほか、巻き爪の原因にもなります。
gr24-1

gr2-ts

指先が見えない程度に伸ばしておく

爪を切る時は、指の先端部分が爪で隠れる程度の長さを残し、四角形に切ります。 角が残っていると危険なので、角は少し丸め、爪の白い部分は少なくとも1mmほど残します。 長さが気になる人も、この長さを意識して、こまめに手入れする様にしましょう。
gr24-2

出典 ヘルシーライフスタイル|class A