毎日の疲れを、どのように癒していますか?ちょっとしたマッサージを行うだけで、心も身体もリラックスさせることができます。

そこで、疲れを取るための基本マッサージをご紹介します。自分で行えるものもありますが、家族や恋人のためにも、覚えてみてはいかがでしょうか。

1.首から肩のこりをほぐすマッサージ

疲れがたまると、はっきりこりが分かる首や肩。パソコンなどを使われる方には、特に疲れがたまりやすい所です。

肩こり、首こりをほぐすのに効果的なツボは、以下です。

①肩井(けんせい)-首を前に曲げた時に、首の付け根のでっぱっている骨と肩先を結んだラインの真ん中の位置
②曲垣(きょくえん)-肩甲骨の上部の内側のくぼみの位置
③瘂門(あもん)-後頭部の中心線上にある、髪の生え際中央にあるくぼみ
④天柱(てんちゅう)-③の瘂門から親指幅外側の位置
⑤風池(ふうち)-④の天柱から親指幅外側の位置
⑥完骨(かんこつ)-⑤の風池から親指幅外側の位置

①②の肩のツボから③~⑥の首のツボの順に、親指で押しましょう。5分~10分ほど繰り返すと効果的です。

2.手のツボのマッサージ

これは簡単に、どこでも短時間でできるのでおすすめです。

相手の手の平を上向きにします。相手の親指と人差し指の間と、薬指と小指の間に、自分の両手の薬指と小指を挟み込みます。そして、相手の手の平を、そらすように広げたら、自分の両手の親指で、相手の手の平の様々な部分を指圧していきます。

手の平には、たくさんのツボがありますから、疲れている身体の場所により、心地よく感じる場所が変わるはずです。

3.足指マッサージ

足の裏には非常に多くのツボがあり、身体のどこが悪いか見分けられるほどです。

疲労回復の基本として、足の親指の両側を、手の親指と人差し指で挟み、足の親指の付け根に向かってもんでいきましょう。これを足の小指まで同様に行います。

力を入れすぎると痛いので、気持ち良いと感じる程度にします。

4.ふくらはぎのマッサージ〜リズミカルにたたく

疲れがたまると足がむくみますよね。重力の関係などでリンパの流れが悪くなり、疲れがたまり、むくみやすいのがふくらはぎです。

そこで、手を拳のようにしたり、両手を握り合わせた状態にしたり、包丁のようにしたりして、トントンとリズミカルにたたき、刺激を与え、リンパの流れを良くしましょう。

5.ふくらはぎのマッサージ〜つかんでもみほぐす

疲れで筋肉が固まっている部分をリラックスさせて伸ばすために、筋肉の流れに沿って、手の平と、指を使い、足首から太ももへ向かってゆっくりともみほぐしていくという方法です。

ふくらはぎにあるツボも刺激され、リンパの流れも良くなります。

まとめ

疲れを取るための基本マッサージをご紹介しました。

平日の疲れた夜や、休日のリラックスした時間にマッサージを少し行うだけで、日頃の疲れを癒すことができます。家族や恋人にしてあげると、お互いをいたわる気持ちも強くなるので、ぜひお試しください。

出典 リズム|OMRON HEALTHCARE