私たちの体は、自律神経によってコントロールされています。
例えば、心臓を動かしたり、発汗を促したり、血圧や胃腸の働きをコントロールするなど、無意識のうちに働くのが自律神経です。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つは相反する働きをします。
例えるなら、アクセルとブレーキのようなものです。
活発に頭や体を動かして心身が『興奮』するときには、アクセルである交感神経が働きます。
また、くつろいでいるときや眠るときなど『リラックス』したときに働くのが、ブレーキの役割を果たす副交感神経です。
ところが、現代人は日中に受ける心身のストレスが大きく、夜になっても副交感神経がうまく働かない人が多くなっています。
副交感神経がきちんと働かなければ、心身の疲れが十分にとれず、だるさを感じたり、疲れやすくなります。
眠れない、朝起きられないという症状が起きることもあります。
また、交感神経が優位な状態が続くと、血管が収縮しがちになり、頭痛や肩こりが起こったり、血圧が上がって動悸や息切れなどの症状が現れやすくなります。
同じように、消化液などの分泌にも影響するため、食欲がなくなったり、胃腸の働きが低下しやすくなります。
交感神経と副交感神経がバランスをとりながら働き、またそのスイッチが自然に切り替わることで、活動して疲れた筋肉も内臓も脳も休息でき、機能が修復されるからこそ、私たちの健康は保たれているのです。

吉祥寺でマッサージ・整体なら【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753