交感神経と副交感神経は一日のうちで、上手に切り替わっています。
活動的になる日中は交感神経が高く、夕方から夜にかけて副交感神経が高くなるのが健康な状態です。
ところが、昼間のストレスが強く交感神経の幅が大きくあると、夜になっても副交感神経が下がったままに。
すると、疲労物質をため込み、便秘などの症状を引き起こします。
逆に副交感神経が高い人は老廃物の排出もスムーズです。
深く寝れば疲れがとれ、細胞の再生も早く、いつまでも若く健康な体をキープできます。

吉祥寺の整体・マッサージ【健康サロンなごみ】
●営業時間 平日11:00~21:00
         日祝11:00~20:00
●〒180-0004
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753