腰からお尻、太ももの後ろ、さらに足の指先にかけて、あらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを坐骨神経痛といいます。

坐骨神経痛とは、病名ではなく症状を表す言葉です。

何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることで生じる痛みやしびれなどの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

一方、突然腰に痛みが走り、ひどい場合には立ちあがれないほどの痛さになってしまうのが、ギックリ腰。

ぎっくり腰は、重い物を持ち上げる時や、急に腰を捻る動作をした時などに発症します。

腰がその動きや負荷に耐えられず、何らかの形で支障をきたし、痛みが生じます。

ぎっくり腰の正式な名前は「急性腰痛症」と呼ばれています。

承扶(しょうふ)

承扶とは坐骨神経の通り道にあるツボなので、坐骨神経痛に直接アプローチできるツボです。

ツボの見つけ方

お尻の下にできるシワのちょうど中間にあるツボ。

ツボの押し方

数本の指でお尻を持ち上げるようにして、中指でツボをゆっくり押して、同じ時間をかけてゆっくり離す、を繰り返して押す。いきなり強く押さないようにしてください。

腰腿点(しょうざん)

ギックリ腰の特効のツボ。腰痛全般の緩和に効果的。

ツボの見つけ方

手の甲にある2カ所のツボ。1つは人差し指と中指の骨が合わさるV字の谷の所。もう1つは薬指と小指の骨が合わさるV字の谷の所。

ツボの押し方

親指をツボに当て、痛気持ちいい程度の力で押す。2カ所のツボは1カ所づつ押す。

吉祥寺でマッサージ・整体なら【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753