眠いのに眠れない。

睡眠不足で日中眠くなったり、頭がぼ〜っとして働かないといった状態を体験した事は、どなたにもあるはずです。

睡眠は、心の健康のバロメーターです。

脳が疲れていると眠れず、眠れないと脳が疲れる。

そんな「不眠」のスパイラル陥らないように、眠る前にはリラックスを心がけましょう。

ツボのなかには、交感神経と副交感神経のバランスを改善し、心身をリラックスさせて眠りを促すものがあります。

安眠の特効ツボは、ふくらはぎの内側にある三陰交(さんいんこう)と、かかとにある失眠(しつみん)

全身の血行を良くして、リラックスさせてくれます。

三陰交(さんいんこう)

3つの陰の経絡が交わるツボ。めまい、むくみに効くほか、手足の血行を良くして、リラックスさせる効果もあります。

ツボの見つけ方

内くるぶしの中心に小指の端を当て、ヒザ方向に指4本文のところにある。

ツボの押し方

足をつかむようにして骨のキワに親指を当て、骨の内側に指を入れ込むように押す。

失眠(しつみん)

不眠、足底の痛み、足のだるさ、足のむくみなどに効果があります。

ツボの見つけ方

かかとの中心で、肉づきが丸く膨らんでいる部分。足がむくんでいる時に押すと、鈍い痛みが伝わる。

ツボの押し方

親指をかかとの中心に置いたら、体全体でかかとに乗る感じで押す。

吉祥寺のおすすめマッサージ【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753