重苦しく感じたり、突然ズキンと痛みが走るなどの腰痛。

筋肉疲労、生理痛、悪い姿勢などが原因です。

しかし、意外に知られていないのが腹筋と背筋のバランスの悪さ。

体を支える2つの重要な筋肉のうち、どちらかが弱ると片方に負担がかかってしまうのです。

このような時には、腰にダイレクトに効くツボを押すのがいいでしょう。

腎兪(じんゆ)は、腰のトラブルに効くツボ。

そこからお知りに近いところにある大腸兪(だいちょうゆ)は、おなかに効くツボで、腰の血行も良くします。

これらのツボを押す事で、おなかと腰のバランスがとれます。

腰の疲れは放っておくとギックリ腰になりやすいので、早めにケアをしましょう。

腎兪(じんゆ)

「腎」は腎臓を、「兪」は穴で、ツボを意味します。腰のトラブルのほか、むくみや倦怠感など、腎機能や生殖器の障害にも効く。

ツボの見つけ方

ウエストの一番細いところにある背骨(第2腰椎と第3腰椎の間)の中心から、左右に指2本分離れたところにあります。

ツボの押し方

指の腹をツボに当て、体の中心に向かって左右同時に押す。

大腸兪(だいちょうゆ)

「大腸」に効く「兪=ツボ」という意味。おなかのトラブルのほか、腰痛、痔、背中の凝りにも効く。

ツボの見つけ方

背骨を下からたどり、骨盤のラインとぶつかったところの左右のキワにある。

ツボの押し方

ツボに親指の腹を当て、体の中心に向かって左右同時に押す。

吉祥寺のおすすめマッサージ【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753