未病

未病【みびょう】という言葉は、いまやテレビや雑誌などのマスコミでもよく使われるようになっています。

これは、まだ病気になっていないけれど放っておくと病気になるおそれのある状態のことです。

この未病は、今から2千年前の中国の医学書『黄帝内径(こうていないけい)』に記載された「未病まざるを治す」という言葉に由来します。

そこには、病気になってからではなく病気になる前の治療こそが重要だと書かれています。

この考え方は現代医学にも取り入れられ、未病は「予防医学の原点」となっています。

最近、何となく体がだるい、疲れやすい、体が冷えるとか、頭痛や肩こり、めまい、不眠といった体の不調を感じる自覚症状はありませんか?

もし、こうした体の不調を示す症状を自覚しているのに「健康診断の結果も悪くないし、忙しいからちょっと体の調子が悪いだけ」なんて、軽く考えているとしたら、要注意。

病院の検査で異常が認められなかったとしても、こうした自覚症状があるということがすでに未病の状態です。

未病の症状は人によってさまざま。

少しでも調子がよくないと感じたら、それは未病の始まりなのです。

しかし、未病には、自覚症状がない場合もあります。

健康診断などで異常がわかって、はじめて体の不調に気付くこともあるからです。

いずれにしても、未病と気付いたら、早めに体のケアをすることが、健康を取り戻すための重要なポイントになります。

吉祥寺の整体・マッサージ【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00
●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F
●TEL 0422-20-9753