不調の原因は「ねこ背」?

人の第一印象を決める重要な要素は姿勢です。
姿勢がいいだけで「明るい」「信頼できる」「前向き」といったポジティブな印象を与えることができます。
一方、姿勢が悪いと見た目が悪いだけでなく、肩こりや首こり、腰痛の原因になったり、呼吸が浅くなって全身の血行が悪くなるなど、健康にもさまざまな悪影響があります。
悪い姿勢で一番多いのが「ねこ背」。
ねこ背とは、首が前に突き出して背中が丸まった状態のことです。
人の頭の重さは約6kg、スイカほどもあり、寝ている時以外はこの重量を背骨が支えています。
頭が背骨の真上にあれば背骨全体で支えられますが、猫背になると骨だけでは支えきれず、骨をサポートする筋肉に負担がかかって、凝りが生じるのです。
また、首は脳と他の部位をつなぐ重要な場所で、多くの神経が通っています。
ねこ背になって首の筋肉がこると、そばを通る神経が圧迫され、頭痛になったり、やる気が出ない、イライラするなど精神的な不調につながることもあると言われています。
ねこ背は、生活習慣や、心理的な要因から引き起こされるものがほとんどです。
例えば、パソコン、携帯電話やスマートフォンを長時間見るなどの積み重ねがねこ背につながります。
とはいえ、自分がねこ背かどうか自覚のない人も多いのです。

まずは下記の項目をチェックしてみましょう。一つでもあてはまれば、ねこ背の可能性があります。

  • 座っている時、気づくと背中が丸まっている
  • 背中、首、肩がこりやすい
  • パソコンに向かう時間が長い
  • スマートフォンや携帯電話をいじっていることが多い
  • 車を運転すると腰や肩が痛くなる

まずは首をまっすぐにする

最近、ねこ背の人が増えているのは、パソコンやスマートフォン・携帯電話を長時間見る生活が一般的になってきているのが要因の一つ。
通常、これらの画面を見る時はうつむき加減になり、画面を見るために少し首を前に出します。
これは見事なねこ背の姿勢。
こうしたパソコンやスマートフォンの長時間の使用でねこ背になりやすい環境の人は、生活の中でうつむいている時間を極力少なくすることが大切です。

スマートフォンは目の高さで

スマートフォンや携帯電話の画面を見る時は、できるだけ顔の前に持ち上げ、首を曲げないように心がけましょう。頭をソファの背などにもたれかけることも首の負担を軽くします。

パソコンはデスクトップを

ノートパソコンは前かがみの姿勢になりやすいので、首を曲げずに画面が見られるデスクトップがベターです。ノートパソコンを使用する人も、15分に1回、頭を30秒後ろに反らせて休むことで、猫背の姿勢が定着することを防げます。

運転中は首を伸ばす

運転中も猫背になりやすいタイミング。背中を丸めて運転していませんか? 背中から頭まで伸ばし、正面を向いて運転しましょう。座席を調整することで、いい姿勢がとりやすくなることもあります。

バスタオルで猫背伸ばし

いい姿勢を心がけても、長い時間をかけてついた筋肉のクセはなかなか戻らないもの。
そんな時は、タオルを背中に当てて寝るだけの「バスタオル」で丸まった猫背を伸ばして、正しい姿勢を覚えさせましょう。
やり方は、バスタオルを巻いたものを横にして背中に置き、その上に10分程度、横になります。
横になりながら、首だけ倒してテレビを見てもOK。
タオルの位置は、敷いて寝た時「気持ちいい」と感じるところがベスト。

吉祥寺のマッサージなら【健康サロンなごみ】

●営業時間 平日11:00~21:00 日祝11:00~20:00

●〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 呉峰ビル2F

●TEL 0422-20-9753