視覚は最も重要な情報源のひとつです。その役割を担っている目をきちんとケアしていますか?加齢とともに目の病気にかかりやすくなったり、視野や視力がどうしても低下していきます。それらを少しでも抑えるために、目の酷使は控えたいものですが、最近はテレビやパソコン、スマートフォンなどの画面を見る時間が増え、目を酷使しがちです。さらに、夏は紫外線など目のダメージとなる要因の多い季節。大切な目を守るためにも、日ごろのエアを心がけましょう。

目が疲れる3大要因

目が疲れる主な原因は、近くのものを見続けることによる「筋肉の緊張」と、長時間目を開くことでの「目の乾燥」、そしてパソコンの画面などから発せられる「ブルーライト」です。
nk1

強い陽射しと紫外線

夏の強い紫外線を無防備に浴びるのは、肌だけでなく目にとっても大敵です。紫外線のダメージは、目の老化を促進して、病気のリスクを高めると言われています。
nk2

エアコンによる目の乾燥

湿気が気になる夏も、室内はエアコンによって意外と乾燥しています。湿度が低いと目からも水分が蒸発しやすく、目が乾燥しがちな環境であると言えます。
nk3

出典 ヘルシーライフスタイル|class A