ヒトの体の約50~80%は水分でできています。その働きは体温の調節、栄養素や老廃物の運搬など多岐にわたっています。そのため水分が不足するとさまざまな不調につながります。

1日に水分はどのくらい必要?
sh1

成人は普通に生活しているだけでも、1日に約2.5リットルの水分が汗や呼吸、便、尿などとして体から出ていきます。食事から摂ったり、体内で作られる水分が約1.3リットルありますが、足りない分の1.2リットルの水分は、体外から補給する必要があります。

夏の体と塩分
sh2

汗の量が増える夏場は、水分と共に塩分が必要ですが、ヒトが生きていくのに必要な塩分は1日1~2g。対して、日本人の平均摂取量は1日10g以上。外での運動や労働で大量の汗をかかない限り、食事を3食きちんと摂っていれば塩分は十分。高血圧のリスクや心臓の負担が増える為、塩分の摂りすぎにも注意が必要です。

行動のたびにコップ1杯
sh3

水分は一度にまとめてではなく、コップ1杯程度の量をこまめに摂るのが理想的です。「こまめに」の目安は、のどの渇きを感じた時はもちろん、なにかしらの行動のたびがよいでしょう。食事時、起床後、外出前、外出先に到着後、帰宅時や入浴の前後、就寝前などです。

出典 ヘルシーライフスタイル|class A